2017/06/16 17:30

【海外発!Breaking News】病院の乳児取り違え事件で親子が勝訴 22歳の献血で判明(オーストリア)

愛情豊かな母親と愛しい娘は長年にわたりたくさんの思い出を作り、良好な関係を築いてきた。しかし娘は初めての献血で、2人の間に血のつながりがないというショッキングな事実を突きつけられてしまう。やはり疑わしいのは病院側の「取り違え」ミスであるが…。

『krone.at』などが伝えたところによれば、赤ちゃんの取り違えミスを犯していたことが疑われるのは、オーストリア・シュタイアーマルク州グラーツ市の大学病院「University Hospital Graz」。そこで1990年10月31日に生まれたドリス・グリュンヴァルトさんは、22歳の時に初めてした献血で親と血液型が一致しないことを知り、続いて受けたDNA検査の結果にも愕然となった。母親のイヴリンさんは帝王切開手術で女児を出産し、麻酔が覚めてからわが子を初めて授乳のために抱いたといい、その20時間内に赤ちゃんの取り違えが発生したと考えられるという。

言葉にならないほど強い精神的苦痛を受けたとして、親子は病院および管轄の保健当局を提訴した。法廷のドリスさんは「実の母親の情報すらいまだつかめていない」とした上で、「その女性も22年間育ててきた子が実の娘ではないと知ったら大変なショックを受けるに違いない」と訴えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >