2017/07/01 19:22

【海外発!Breaking News】真犯人と瓜二つの男性、誤認逮捕で17年服役(米)

「絶対に私はそんな罪を犯していない。何かの間違いです。どうか再調査を。」 17年間という長い服役生活を送る中、幾度も不服申し立てを行っていた米ミズーリ州の男性。このほど彼の冤罪が判明した。愛する家族のもとにやっと戻れた男性はその後、明らかになった真犯人の顔を見て妙に納得したそうだ。“ドッペルゲンガー”により人生を狂わされた気の毒な男性の話題を『Washington Post』ほかが伝えている。

カンザス州カンザスシティのウォルマート駐車場で1999年5月31日、黒っぽい肌の色の男がタマラ・シェアラーさんという女性から財布を奪おうとして失敗し、携帯電話を奪って逃走するという事件が発生した。この事件の容疑者として数か月後に逮捕されたのは、ミズーリ州カンザスシティのリチャード・ジョーンズさん(現在41歳 写真・左)。被害者は犯人の顔をよく見ておらず、DNAや指紋といった証拠もなし。目撃者が見たという犯人の左腕のタトゥーについてもシロ。さらにリチャードさんにはその日、自宅でパーティーを開催という立派なアリバイがあった。だが目撃者が面通しで「この男に間違いない」と強調したことから、リチャードさんには懲役19年の実刑判決が下ってしまったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >