2017/06/28 05:30

【海外発!Breaking News】バンジージャンプで死亡した17歳少女 原因はインストラクターのあまりにも下手な英語だった!(スペイン)

スペイン北部カンタブリアのとある橋で2015年、バンジージャンプに挑戦したオランダの少女が予期せぬ事態に見舞われ命を落とした。主催した業者の責任を問う裁判で大きく争われたのは、あろうことかインストラクターの言語のまずさであった。

カンタブリアのカベソン・デ・ラ・サル(Cabezon de la Sal)にある橋で2015年、オランダからやってきた17歳の少女ヴェラ・モールさんが「Flowtrack」という業者が主催していたバンジージャンプに挑戦し、全身を強打して死亡した。安全のためのフックが彼女のハーネスに装着されていたが、もう片方が橋側に固定されていなかったという。その後にわかってきたのは、ジャンパーの安全確認や指導にあたる男性インストラクター(氏名などは明らかにされず)の話す英語があまりにも下手であったということ。その時に出した指示にミスがあったのではないかと強く疑われていた。

そしてこのたびカンタブリアの裁判所で、Flowtrack社を被告として彼らの責任を問う裁判が始まった。争点となったのは、インストラクターが“No jump.(飛んではダメ)”と言ったところ本人が“Now, jump.(さぁ、飛んでごらん)”と誤解し、身を投じてしまったことを「不幸なアクシデント」と捉えるか否かにあった。しかし“Now”との聞き間違えを避けるため、インストラクターたちは“No jump.”ではなく “Don’t jump.”を使うのが普通であるとのこと。いく度も“No jump.”と声に出していたそのインストラクターに落ち度があるのは明白である。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >