2017/07/09 17:32

【海外発!Breaking News】殺人事件の被告、法廷で女性弁護士の顔を殴打 「お前は無能」(米)

弁護士を自分で雇うことができない被告人にとって、裁判の公平な進行のために何としても居てくれなければならないのが公選弁護人である。だが無慈悲な殺人を犯したとして裁かれる男にその存在の有難みは理解できなかったようだ。このほど米ニュージャージー州のある裁判所で、被告人の暴力により弁護士が顔に大怪我をした。『The Black Loop』ほかが伝えている。

ニュージャージー州のマーサー郡保安官事務所によれば、事件は郡刑事裁判所の法廷で先月29日の午後3時50分ごろに起きた。被告人は、2014年に起きたサイラス・ジョンソンJr.さん(64)銃殺事件の容疑者であるランディ・ワシントンという35歳の男で、ほかの殺人事件や窃盗にも関わった疑いがもたれている。ワシントンの弁護にあたったのは公選弁護人のジェシカ・ライオンズさん。すべての審理が終了して陪審員が評議のため退席した後、ワシントンはいきなり拳を握りしめてライオンズさんの顔を殴ったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >