2017/07/16 16:15

【エンタがビタミン♪】NGT48荻野由佳が涙 合唱曲『群青』の今を知り「私も元気を与える存在になれたら」

7月15日、TBSで生放送された『音楽の日』で“未来に伝えたい曲”として福島県南相馬市の小高(おだか)中学校で誕生した合唱曲『群青』を取り上げた。安住紳一郎アナウンサーが小高中を訪れ、校長先生から『群青』が東日本大震災からほどなくして作られた経緯と、それから6年が経って今の生徒たちの意識が変化している現状を聞いた。

2011年3月11日の東日本大震災で南相馬市は津波による甚大な被害があり、小高中学校では生徒4名が亡くなった。さらに福島第一原発事故によって警戒区域に指定され、大半の生徒が全国に散り散りとなる。当時、音楽教諭を務めていた小田美樹さんは「震災後はとにかく誰ひとり声を出せない状態で、歌を歌う気持ちには皆なれなかった」と振り返る。

そこで小田さんは生徒たちの会話や作文から言葉を集めて『群青』を作った。当時の生徒に話を聞くと「小田先生が故郷・小高を想い書いてくれた歌詞だとすぐに分かった」「他の曲と比べて気持ちが勝手に入ってくる。自分たちが思ったことを歌っているので感情を込めて歌っちゃう」「震災直後から今も会えない友だちがいるので、ぐっときましたね。響きました」とその時の気持ちを思い出していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >