2017/07/19 17:03

【海外発!Breaking News】移動距離600km超! 毎日飛行機で通勤するビジネスマン(米)

会社勤務にあたって通勤時間が短いというのはメリットの一つであろう。しかし米ロサンゼルス在住のある男性は、サンフランシスコの会社まで車と飛行機で往復6時間かけて通勤しているという。英『BBC News』や『Oddity Central』など複数のメディアが伝えている。

ロサンゼルスに家族と暮らす機械工学技士のカート=フォン・バディンスキさんは、4年前にテクノロジーカンパニー「Motiv」を地元で立ち上げ、会社の共同創設者・最高技術責任者(CTO)となった。

しかし会社をサンフランシスコに移転し、カートさんの家族はロサンゼルスから引っ越すことが不可能だったため、毎日サンフランシスコの勤務先まで車と飛行機を使用し通勤しているというのだ。そのことを人に話すたびに「え、毎日!?」と3度も繰り返し聞かれることがあるそうだ。

カートさんの毎日はとてつもなくハードだ。毎朝5時前に起床し、自宅から20kmほど離れたボブ・ホープ空港まで車を15分走らせる。その後、カリフォルニア州内を無制限でフライトできる会員制の小型飛行機「Surf Air(サーフエア)」に搭乗しオークランドへ向かう。この飛行機にはカートさんのように8人ほどの通勤客が搭乗しており、彼らは月額の搭乗費を支払っている。カートさんの場合は月に2,300ドル(約26万円)だそうだ。なお、サーフエアの搭乗客らは事前に身元調査を受けているために、セキュリティチェックは素通りできる仕組みだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >