2017/07/25 15:44

【海外発!Breaking News】1年に4回も中絶を強要された妻が死亡 夫は「どうしても男児が欲しかった」(中国)

赤ちゃんの向きやポーズもあり、いくらその産科医がベテランでもお腹の胎児の性別判定にはとても慎重になると言われ、早期ではなかなかわからないようだ。そんななか、「どうしても男児が欲しい。女児なら要らない」とあからさまに言い張った夫。妻はそんなプレッシャーの中でいく度も失望感を味わい、中絶手術を受け、ついに命を落としてしまった。このほど中国で…。

『中国青年報(China Youth Daily)』などが伝えたところによれば、度重なる堕胎により死亡したのは中国・安徽省に暮らしていた女性。4年前に誕生した女児を育てていたが、2015年10月に中国政府が「一人っ子政策」に終止符を打ったことを受け、夫は非常に強い口調で男児が欲しいと言うようになった。女性は再び妊娠し、しかし超音波検査により「赤ちゃんは女の子」と医師から告げられると、夫は中絶手術を強要。こんなことを1年で4回も繰り返して子宮が傷ついた女性は完全に体調を崩してしまった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >