2017/07/31 17:05

【エンタがビタミン♪】渡瀬マキの人生を変えた曲 LINDBERG再始動で悩む彼女を救ったのは“10-FEET”だった

LINDBERGのボーカルとして知られる渡瀬マキだが、はじめはアイドルとして歌手デビューしている。7月31日放送のバラエティ番組『バイキング』では“アーティストが明かす 私の人生を変えたあの名曲”コーナーにその彼女が出演、アイドル時代からLINDBERGの結成と解散そして再始動までを話した。

三重県鳥羽市出身の彼女は、中学生時代から松田聖子に憧れてアイドルオーディションに応募していた。母が撮った写真と松田聖子の歌を録音したカセットテープを数十社に送ったという。そのなかでわずか1社だけプロダクションが興味を示してくれ、高校3年生の夏に単身上京する。1986年に『ヤングジャンプクイーン』コンテストでグランプリを獲ると、本名の渡瀬麻紀を名乗って本格的に芸能活動を始める。翌年6月には1stシングル『パールモンド・Kiss』で歌手デビューを果たす。

渡瀬は当時を振り返り「親衛隊がいて“レッツゴー”とか声をかけてくれた」ことで「これ! アイドル!」と実感したという。ところが夢のアイドルになりながら心は満たされず、服や歌がしっくりこなくて違和感を覚えるようになる。実はその頃、バンド・レベッカ(REBECCA)が1986年5月に出した『RASPBERRY DREAM』を聴いた彼女は「NOKKOさんが自分の中から出てくる思いのまま、素直に歌う」姿に魅了されていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >