2017/08/07 20:46

【海外発!Breaking News】トライアスロン大会中、倒れた選手に救命処置 226.2kmを完走した医師(米)

毎年10月にハワイ島カイルア・コナで開催される「アイアンマン世界選手権(Ironman World Championship)」は、世界で最も過酷なレースの一つと言われ、水泳・自転車ロードレース・長距離走(スイム3.8km・バイク180km・ラン42.195km)の3種目で合計140.6マイル(226.2km)を駆け抜けるトライアスロンである。その世界大会への切符を手に入れるため7月29日、米カリフォルニア州サンタローザでの競技に参加していた医師が、レース中に意識を失った男性にCPR(心肺蘇生法)を施しその命を救った。『PEOPLE.com』など複数のメディアが伝えている。

ニューヨーク市のワイルコーネル医療センターで小児感染症専門医として働いているパトリシア・デラモラさん(43歳)はこの日、2012年以来11回目となる「アイアンマン・トライアスロン大会」に参加していた。パトリシアさんが最初の3.8kmを泳ぎ切り、自転車で26マイル(41.8km)地点を走っていた時、道路に倒れ意識を失っている50代の男性選手に気付いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >