2017/08/09 21:41

【海外発!Breaking News】11か月間で5人の娘を亡くした夫婦「人の温かさに救われた」(米)

「私たちは子供が大好き。家族は多いほうが楽しい…」米ユタ州スパニッシュ・フォークに住むジェイソンさん(32歳)とクラリッサ・オズボーンさん(28歳)夫妻に2013年、長男カーター君(4歳)が生まれた。出産後すぐ脳腫瘍が見つかったクラリッサさんは放射線療法により自然妊娠ができなくなったが2016年、人工授精により長女シャナちゃんを授かった。しかしシャナちゃんは先天性心疾患を患っており、生後2か月半で亡くなってしまう。

「子供なしの人生は味気ない。できればたくさん子供が欲しい」そう願うオズボーン夫妻にとって、突然訪れた長女の死を受け入れることは難しかった。夫のジェイソンさんは当時のことを次のように語った。

「悪夢でした。産まれてすぐ心臓の手術をして退院することができたのに、ある朝起きたら息をしていないんです。必死でCPR(心肺蘇生法)をしましたがシャナが息を吹き返すことはありませんでした。その朝のことが頭から離れず、本当につらかった…。病院から帰宅する時、クラリッサに駐車場でこう言われたのを覚えています。『我が家はシャナの物で溢れているのに、あの子はいなくなってしまった。家に帰ることなんてできないわ』とね。」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >