2017/08/26 21:20

【海外発!Breaking News】皆既日食に沸いたアメリカ、数千人が目の異常で眼科を受診か

現地時間の8月21日、皆既日食という実に40年ぶりの珍しい天体ショーに沸いたアメリカ大陸。その中継では空を見上げる人々が着用している特殊なメガネにも注目が集まったが興奮が過ぎ去った今、そのメガネをしていた人も含め全米で数千という人々が眼科へ行く羽目になったようだ。

「太陽をじっと見つめるのはやはり危険。瞳に強い影響を及ぼすようです。不調を感じる方は早めに眼科医のもとへ」と伝えているのは、コロラド州デンバーの『CBS Denver』。このたびの皆既日食のルートはオレゴン州リンカーン・ビーチから始まってアイダホ、ワイオミング、ネブラスカ、ミズーリ、ケンタッキー、テネシーと進み、サウスカロライナ州チャールストンから抜けていったが、ルートに近いコロラド州では多くの人がワイオミング州までドライブして太陽を見つめた人々が徐々に欠けていくその感動を存分に味わった。

しかしその翌日になると目の調子が悪い、痛いと訴える人が続出。全米の眼科クリニックが大勢の患者で溢れかえったことが報じられている。「皆既日食には瞳を保護する特殊なメガネを」と少し前から盛んに呼びかけられ、ほとんどの人がそれを守ったものの「目が痛い」「強い光を見た時のような残影がいつまで経っても消えない」「夜、床に就いても眠れない」「眼球が腫れぼったく感じられる」など訴えも様々であるようだ。ロール・アルデリート氏が営むデンバーの眼科クリニックで診察を受けたジョシュ・スパークスさんもそんな一人だが、メディアの取材には「カメラで撮影しようと少しだけそのメガネを外してしまった」と話している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >