2017/08/27 21:00

【エンタがビタミン♪】<高見沢俊彦インタビュー>ソロ活動で“刺激”を受けた25年 「新しい扉を開くのは楽しい」

「THE ALFEE」の高見沢俊彦が、ソロ活動25周年を記念してベストアルバム『美旋律 ~Best Tune Takamiy~』を8月30日にリリースする。同アルバムは、高見沢が収録曲全曲、ヴォーカルを録り直したというこだわりの一枚だ。また、通常盤に加えて、初回限定盤Aには未発表音源やライブ音源を収録したボーナスCDが、初回限定盤Bには未発表曲を含むMVを収録したボーナスDVDが付いてくる。今月22日には小説家デビューも果たし、63歳にしてなお新しいことに挑戦し続ける高見沢に、テックインサイトがじっくり話を聞いた。

■ソロ活動で「刺激」を受けた25年
―ソロ活動25周年おめでとうございます。振り返って、いかがですか?
高見沢:ソロを始めて、いろいろなアーティストとコラボしたということがすごく刺激になって、いい意味でアルフィーに返っていったと思いますね。ソロをやる目的は「For THE ALFEE」で、アルフィーを長持ちさせるためですから。僕はアルフィーの楽曲を作っていますから、クリエイターとして自分が刺激を受けることが一番いいと思っています。そういう意味では刺激を受けた25年で、クラシックもありましたし、今は小説までですから、いろいろな新しい扉を開くことができました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >