2017/09/04 17:40

【エンタがビタミン♪】横山だいすけ演じる“四十万巡査”がキャラ変! 『警視庁いきもの係』が急展開

フジテレビ系の日曜ドラマ『警視庁いきもの係』が最終回を前に急展開を見せた。元は捜査一課の刑事だった須藤友三(渡部篤郎)が「警視庁いきもの係」と呼ばれる警視庁総務課動植物管理係の課長代理心得となり、動物マニアの新米警察官・薄圭子(橋本環奈)に振り回されながら動物に絡む殺人事件を解決していく。ペンギンやヘビ、フクロウなどアニマルゲストが毎回登場して楽しませてくれるのだが、9月3日に放送された第9話はずいぶん雰囲気が違った。

警視庁いきもの係の慰安旅行でバスに乗って山中の温泉旅館へ向かうと、そこには四十万拓郎(しじま たくろう)巡査(横山だいすけ)がいた。旅館の女将の娘が強盗被害に遭ったが、町の駐在がぎっくり腰なので応援に来ているという。彼が尊敬する須藤刑事とは唯一ダジャレのおやじギャグが通じ合うので「ギックリ」「びっくり」などと盛り上がっていつもの四十万巡査と変わりはない。

須藤と薄は捜査を進めるうちに、今回は2匹のヨツユビハリネズミを巡って強盗事件と殺人を狙った放火事件が起きたことに辿り着く。それに加えて慰安旅行のバスで騒ぎになったのをはじめ、度々絡んでいるのが“スズメバチ”だ。山歩きをしていて“スズメバチ”に襲われた男を調べるうちに、高速道路で起きた死亡事故にも“スズメバチ”が意図的に使われた可能性が出てきた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >