2017/09/05 15:12

【海外発!Breaking News】余命10年 31歳で認知症と診断された女性(英)

愛する人と結婚し家族を持つことが夢だった女性が、わずか31歳にして「認知症」と診断された。余命は10年あるかないかという状況の中で現在、女性はつきっきりの介護を受けている。この女性の妹が英メディア『Mirror』『The Sun』『Cambridge News』に心境を語った。

英サフォーク州に暮らすベッキー・バーレッタさん(32歳)は、2015年10月に恋人のルカさんと結婚した。しかしその数か月前から、ベッキーさんに異変が現れたという。

挙式を控えていたベッキーさんは「最高の花嫁姿で式をしたい」という気持ちから、ジョギングに精を出していた。だが同時期になぜかクライアントに不適切な態度を取りきちんと対応しないといった変化が見られ、心配した家族や友人らは検査を勧めるもベッキーさんはなかなか病院に行きたがらなかった。

家族がベッキーさんを心配した理由は、これまで身内が認知症で早くに他界しているという事実があった。ベッキーさんのおじのジェイムズさんは認知症と診断され50代で他界、ベッキーさんと妹ソフィーさん(30歳)の母のいとこにあたるフィリパさんも認知症を患い40代という若さでこの世を去った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >