2017/09/06 10:30

【エンタがビタミン♪】伊集院光 “往復ビンタ騒動”で「愛があれば許される」という意見に違和感

連日、情報番組で取り上げられているジャズトランペット奏者・日野皓正(74)の男子中学生に対する“往復ビンタ騒動”。お笑いタレントの伊集院光(49)は「そういうスパルタ教育みたいなものでイヤな思いをしてきた」側の人間として、“愛があれば、信頼関係があれば、体罰は許せる”という意見に違和感があるようだ。

ジャズコンサートでドラム奏者の男子中学生に往復ビンタをしたと報じられた日野皓正は1日、「嘘だよ、ちょっと軽く触っただけ。血も出ていない」と釈明。中学生とは“父と息子のような関係”と言い、他の生徒に手を挙げたことはないと説明している。

4日放送のラジオ番組『伊集院光とらじおと』でこの話題に触れた伊集院は、「いろんな意見があって当然」「叩かれた生徒のお父さんが、自分たちは納得してると話している」と前置きしたうえで、世の中に「本人がよければ、OKなんじゃないの?」といった雰囲気が漂っていることに疑問を投げかけた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >