2017/09/27 16:35

【海外発!Breaking News】性同一性障害の診断、ホルモン投与に焦りは禁物 14歳少年の例から学ぶべきこと(豪)

オーストラリア・Nine Networkの人気報道番組『60 Minutes Australia』。そこに登場した現在14歳の少年の話題がじわじわと拡散している。女装に強い興味を示した幼少期を経て、自分の外見との違和感に苦しむようになったその少年は性同一性障害との診断から専門医のもとで2年前から女性ホルモンを投与されるようになっていた。しかし…。

性同一性障害の診断はあまり早期に下されるべきではない、自分のような例もあるということを知って欲しいと語るのはパトリック・ミッチェル君。幼い頃から女の子らしい遊びや女装への興味、優しいしぐさなど性同一性障害の傾向を匂わせていたというパトリック君は、7歳の時に母アリソンさんから「世の中にはあなたと同じように、本人が感じる性別と身体的な性別が一致しないことで苦しんでいる人々がたくさんいるの」としてトランスジェンダーや性転換手術の存在を教わると「女の子になりたい」という気持ちをますます募らせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >