2017/10/04 21:30

【海外発!Breaking News】新生児室で赤ちゃんを癒し続けて12年 「ICUグランパ」と呼ばれる82歳男性(米)

リタイア後の人生は人それぞれ。米ジョージア州アトランタに住むある男性は、12年にわたり早産などでNICU(新生児集中治療室)や小児集中治療室(PICU)に長期入院する子と触れ合うボランティアに精を出し、赤ちゃんやその家族の大きな癒しの存在になっているという。『People』『Inside Edition』『Mirror』などが伝えた。

アトランタに暮らすデイヴィッド・ダッチマンさん(82歳)は妻と50代の娘2人、孫2人(現在19歳と21歳)に恵まれ、インターナショナルビジネスのマーケティング分野で活躍し15年前にリタイアした。その後、地元にある複数の大学で講義をし自由な時間を費やしていた。しかしそれだけでは物足りず、デイヴィッドさんはある日アトランタの子供病院「Children’s Healthcare of Atlanta」を訪れ、何かボランティアでできる仕事はないかと尋ねた。それからデイヴィッドさんの週2回の病院訪問が始まったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >