2017/10/05 22:00

【海外発!Breaking News】更年期障害と診断された23歳、妹からの卵子提供で双子を妊娠(豪)

パートナーと一緒に家を購入しこれから家族を増やしていく準備を整えた矢先、若くして更年期障害と診断された23歳の女性。その後は卵巣にできた嚢胞を切除したり不妊治療を重ねたりと心身ともに辛い時期を過ごしてきたが、妹の温かい協力のおかげでこのほど双子の赤ちゃんを妊娠することができたという。『The Sun』『Mirror』などが伝えている。

オーストラリアのメルボルンに暮らすアンバーさんは、2014年後半にパートナーのクリスさんとこれから増える家族のためにと家を購入し子作りに励んでいたが、なかなか妊娠できずにいた。

2015年、アンバーさんが23歳の時、体に極端な火照りを感じ医師に診てもらったところ、ホルモンレベルが更年期の状態であると診断された。その時は言われたことが冗談にしか思えなかったアンバーさんだが、20日経っても火照りが続いたためセカンドオピニオンを求めて別の医師の診察を受けた。すると同じ診断であったため、アンバーさんは激しいショックとともに「自分にまだ子供が産めるのだろうか」と心配し、当時は毎日泣いてばかりだったそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >