2017/10/05 21:00

【海外発!Breaking News】未知のバクテリアを注入し若さを求める45歳女優 「老いを受け入れられない」(独)<動画あり>

「老化は病気」と断言し美容整形だけでは物足りず、2009年にシベリアで発見され科学的センセーションを巻き起こした「バシラスF(Bacillus F)」というバクテリア(細菌)を注射することで美と若さを求め続ける女性がいる。『Oddity Central』『UNILAD』などが伝えた。

ドイツのミュンヘンに暮らす1児の母で女優のモニカ・マヌーシュさん(45歳)は、10代の頃から自分が将来老いていくことを受け入れることが出来なかったという。「老化は病気」と言うマヌーシュさんは、これまで20年にわたり豊胸やフェイスリフト、美形成術など40以上もの美容整形を受け続け、およそ42,000ユーロ(約550万円)を費やしてきた。

そんなある日、マヌーシュさんは「バシラスF」というバクテリアの存在を知った。「バシラスF」は2009年にシベリアのサハ共和国にある永久凍土から生きたままの状態で発見され、細菌年齢は“350万歳”になるという。この不老不死状態に近いバクテリアは、モスクワ国立大学で地質・永久凍土・土壌の研究を続けているアナトリー・ブルシュコフ博士が率いるチームのもとで培養され、マウスや植物による実験が行われている。ブルシュコフ博士曰く、このバクテリアが発見された地域の住民は永久凍土から溶け出した水を飲んでいるために体内に「バシラスF」を保有している可能性が高く、統計的に他の地域と比べて長生きしている人が多いそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >