2017/10/06 11:30

【エンタがビタミン♪】松井玲奈、朗読劇『LOVE LETTERS』出演決定 続く舞台に「力を抜いて楽しもう」

9月1日、膵臓がんにより69歳で亡くなった翻訳家・演出家の青井陽治さんを追悼しようと12月17日に朗読劇『LOVE LETTERS』を上演する。本作は米国のA.R.ガーニーが制作した朗読劇で1988年の初演から1年後にブロードウェイで上演されて以来、世界中で愛されている。日本でも青井陽治さんの翻訳で1990年にパルコ劇場で初演され、これまでに名だたる役者が演じてきた。

幼馴染みのアンディとメリッサは思春期を迎えて互いを意識しながらやがて別の道を歩む。それぞれ結婚して家庭を持ったある日、ふとしたことで再会する。そんな2人の手紙のやりとりを描いた作品だ。今回、東京・EXシアター六本木にて行われる一夜限りの朗読劇『LOVE LETTERS』は演出を藤田俊太郎、アンディ役を尾上右近、メリッサ役を松井玲奈が務める。

松井は10月5日、『松井玲奈オフィシャルブログ』で『LOVE LETTERS』への出演決定を発表すると「この作品は26年何度も上演された朗読劇。憧れでもある朗読劇です」「青井陽治さんへのご追悼の意を込めて、演出の藤田俊太郎さん、アンディ役の尾上右近さんと、一夜限りのLOVE LETTERSをお届けできたらと思います」と気持ちを伝えている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >