2017/10/23 11:49

【海外発!Breaking News】生後10か月の男の子 過度の体重増加が止まらず30kgに(メキシコ)

出生後間もなくして急激に体重が増加している男の子。生後10か月にしてすでに9歳児並みの体重があり、医師らは難病「プラダー・ウィリー症候群」ではと不安を抱いているようだ。『Metro』『The Sun』などが伝えた。

メキシコ西部コリマ州テコマン市に両親と暮らすルイス・マニュエル君は生後10か月である。だがすでに体重30kgと9歳児の重さに達しており、ルイス君を抱えようとする両親も一苦労といった状態で、バギーに乗せられたその姿はまさに“巨大ベビー”だ。

出生時は3.5kgと健康児として生まれたルイス君。しかし母イザベル・パントーヤさん曰く、急激に体重が増加し始め、生後1か月を過ぎた頃には服のサイズが合わず、1~2歳児用の服を着せなければならなくなったという。成長が早いルイス君は、自分の体重に息苦しさを感じて時々眠れないこともあるそうだ。

ルイス君を診察した医師らは、筋緊張や性腺発育、神経系に影響を与え、肥満と2型糖尿病を引き起こす難病「プラダー・ウィリー症候群」ではないかと懸念している。医師によると、ルイス君は同市内では初めてのケースかも知れないということだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >