2017/11/08 21:30

【海外発!Breaking News】がんで亡くなった女性 家族に秘密で手紙を遺す「今日が最後だと思って生きなさい」(米)

妻であり4人の母である55歳女性ががんの告知を受けたのは、昨年7月のことだった。闘病生活は1年を超え、自分の命が長くないことを悟った女性は家族一人一人に手紙を書いていた。そしてそのことを誰にも知らせることなく先月、この世を去った。『Inside Edition』『People』など複数のメディアが伝えている。

米インディアナ州に住むペギー・サマーさん(55歳)は昨年7月、ステージ4の腎臓がんを告知された。今年の6月には大手術を受けたものの体調が完全に回復することはなく先月31日、ペギーさんは同州フォートウェインにある病院で息を引き取った。

誰もが悲しみに暮れる中、家族は自宅の鏡台にあるジュエリーボックスの裏に手紙の束が置かれているのを見つけた。それは万が一のことを考え、ペギーさんが家族一人一人に宛ててしたためたものだった。

インディアナ大学-パデュー大学インディアナポリス校で看護学を学ぶ娘のハンナさん(18歳)は「手紙を遺すなんて、本当に母らしい」と語り、こう続けた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >