2017/11/08 19:26

【海外発!Breaking News】11歳少年がホラー小説を出版(南ア)

南アフリカ・ケープタウンに住む11歳の男の子が、このたび小説を出版した。少年は学校に通わずホームスクーリングで学んでいるが、好奇心に溢れ、興味を持ったことを追究し様々なことにトライしている。『IOL News』などが伝えた。

マカッサーというタウンシップに住むアマル・サリー君は11歳。1年ほど前から執筆を開始したが、この時にはすでにアメリカ人作家R・L・スタインのホラー小説『グースバンプス』シリーズを読破していたというほど本が大好きだ。

このシリーズからインスパイアされたことがとても多かったという今回の自信作『Blameless』は、主人公であるタイラー・リースの心がコントロールされてしまうというストーリーで、人がいかに簡単に欺かれてしまうかということを描いているホラー作品とのことだ。

健康上の理由からホームスクーリングを余儀なくされているサリー君だが、彼の心は健康そのもの。算数と理科が大好きで幼い頃からテクノロジーに興味を持ち、8歳の時にインターネットでゲームやアプリの開発について学び始めた。オンラインコースを受講しこれまでに、コーディングとプログラミング、ゲーム「マインクラフト」のコーディング、さらにサイバーセキュリティの修了証などを取得している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >