2017/11/12 19:24

【エンタがビタミン♪】滝沢カレンが嵐を“四字熟語”で表現 有吉弘行の“あだ名”超える才能か?

“あだ名”と言えば、以前は有吉弘行がよく披露していたものだ。品川祐(品川庄司)の「おしゃべりクソ野郎」はあまりに有名だが、SMAPにも木村拓哉「月9バカ」、中居正広「ニセSMAP」など容赦なくつけており、『嵐の宿題くん』に有吉がゲスト出演した時は嵐にも大野智「カレーパン」、櫻井翔「説明」、二宮和也「早退」とつけていた。

滝沢カレンは“四字熟語”のあだ名を披露し始めてまだ1年経たないが、これまでに中居正広「支配抜群」、笑福亭鶴瓶「快楽名人」、今田耕司「独身番長」、東野幸治「薄情大王」、堂本光一「感情不明」、福士蒼汰「青春役者」など多数つけており、どれもその人物をうまく表している。有吉がお笑いネタとして毒を含むあだ名を考えるのに対して、彼女は「クスリ」とさせながら「なるほど」と思わせるところが人気なのだろう。

画像は『滝沢カレン 2017年11月11日付Instagram「みなさん、こんにちは」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >