2017/11/12 18:16

【エンタがビタミン♪】櫻井翔の演技が絶妙 『先に生まれただけの僕』で“鳴海校長”の思いつきから高校生が奇跡を起こす

櫻井翔の主演ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)の展開が熱を帯びてきた。11月11日放送の第5話「ボクらの未来、ボクらが創る!変わり始めた学校!誇りと熱意、涙の結晶」では、追い詰められた鳴海涼介校長(櫻井)が考えた「オープンキャンパスをもう一度やる」という案が京明館高校を大きく変えるきっかけになる。

本作ではこれまで、英国への留学経験がある英語教師・島津智一(瀬戸康史)が得意とするアクティブラーニングに鳴海校長が着目、それを実践することを許可した。生徒たちが生き生きと授業を楽しんだことから、アクティブラーニングを行う教師が増える。今回は特進クラス2年3組担任で現代社会教師・真柴ちひろ(蒼井優)がクラスの生徒を説得したことから、校長が「ペップトーク」を思いつく。

そもそも鳴海校長は、総合商社樫松物産から会社が経営する私立京明館高校の経営を立て直すために新校長として派遣された。それ故に会社としての経営視点から教育現場を見がちだが、真柴先生たちから学校の実態や生徒の心理を聞かされながら手探りで進む。そんななか“天敵”とも言える樫松物産の専務・加賀谷圭介(高嶋政伸)を怒らせてしまい、自身を守るため「先手を打たねば」と9月に行ったばかりの「オープンキャンパス」を改めて行う作戦に出た。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >