2018/01/24 16:49

【ドバイ紀行その4】砂漠の国あるある そこが知りたいドバイのウソ・ホント(その1) テロは? 豚肉は?

~ 実は誤解もいっぱいのドバイに関する思い込み ~

今回のドバイへの取材旅行で、この国に対するたくさんの誤った思い込みがあったことに気が付いた記者。やはり現地に足を運んでみないとわからないことだらけですね。自分の目で耳で確かめたことをお伝えしたいと思います。

■“はるかに遠い”アラビア湾の国 → 誤解です

エミレーツ航空では成田・羽田・関西から毎日ドバイ行きの直行便が飛んでおり、深夜出発でドバイには朝到着となるため時間が有効に使えます。時差は日本よりマイナス5時間。往路は11時間ちょっとのフライトで、今回の復路は成田行きのエアバス380でしたから揺れ知らず。10時間もかかりませんでした。

■テロのターゲットになりそうで怖い → 大丈夫、誤解です

実際に出かけてみて、世界でこれほど治安のよい国も珍しいのではないかと感じました。事故や火事(漏電が主な原因)こそ起きても喧嘩、紛争、暴動、犯罪といったニュースはまず聞かないとのこと。街は隅々まで大変な数の防犯カメラが設置され、常に警察の監視下にあります。そのせいか、まれに犯罪が起きても犯罪検挙率は100%に近いそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >