2017/11/27 16:30

【エンタがビタミン♪】『先に生まれただけの僕』女子高生とバイト先店長の結婚宣言に反響「“先に生まれた”ことって…」

日本テレビ系土曜ドラマ『先に生まれただけの僕』の第7話が11月25日に放送された。“わたし幸せになります!成績トップ女子生徒の結婚宣言に職員室は大紛糾”をメインテーマとする今回は、京明館高校の2年生・三田ほのか(山田佳奈実)がバイト先の店長と交際しており「大学に進学せず結婚を考えている」ことが発覚する。ほのかは17歳、彼氏は29歳で12歳離れているのだ。

担任の真柴ちひろ(蒼井優)がほのかの母親・真咲美(神野三鈴)から相談を受け、鳴海校長(櫻井翔)や副校長の柏木文夫(風間杜夫)に伝えてどうしたものかと悩む。鳴海とちひろは店長に直接会ったところ、上場企業の正社員で「堅実に生きているつもりで、ほのかを幸せにする自信はある」と言われた。

ほのかの件については山場が2つあり、彼女が12歳年上の男性と交際していることを何者かがSNSに投稿して拡散、クラスでもその話題で持ちきりとなった。ちひろが生徒たちに授業中にスマホで情報を調べる件について「検討中だ」と説明する際に「皆はまだ若くて分別ができない」と切り出してSNSの件をさりげなく触れる。「SNSが原因でいじめとなり自殺したニュースを知っているでしょう」と話したところ、生徒から「なぜ熱くなってるの?」「自殺は悪いことなのか。川端康成や芥川龍之介も自殺してるでしょう」と冗談半分に返されて「なぜ、そこで笑えるの!」と激昂する。ただ、当のほのかは「大丈夫です、私はそんなことで自殺などしませんから」と意思の強さを示す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >