2017/12/05 12:21

【エンタがビタミン♪】倖田來未、氷川きよしに“ビッグハグ”された思い出「戦友という感じだった」

今年でラストとなるTBS系『第50回日本有線大賞』が12月4日放送され、歴代大賞受賞者が出演するなか倖田來未が「ビッグハグしていただきました」と氷川きよしとの思い出を話した。2人は同じ2000年にデビューしており、氷川は1stシングル『箱根八里の半次郎』(2000年2月2日発売)で第33回日本有線大賞・最優秀新人賞を受賞する。倖田は当時を振り返り「きよしさんがデビューした途端大ヒットして、どうしようどうしようって…」と焦ったことを明かす。

プライベートでも友人を介して知っていただけになおさらライバル心があったのだろう、氷川きよしが2003年に『白雲の城』で第36回日本有線大賞・大賞を受賞すると『番場の忠太郎』で第37回日本有線大賞・大賞、さらに『面影の都』で第38回日本有線大賞・大賞と3連覇するなか、倖田來未は「自分もいつかは」と挑み続けてついに2006年、『夢のうた』で第39回日本有線大賞・大賞に輝いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >