2017/12/22 20:08

【エンタがビタミン♪】<THE ALFEEインタビュー>結成45周年を前に「バンドだから続けてこられた」 辛いことは3人で「3分の1に」

来年結成45周年を迎えるTHE ALFEE(桜井賢・坂崎幸之助・高見沢俊彦)が、12月20日に今年第2弾となるシングル『人間だから悲しいんだ』をリリースした。幅広いジャンルを手がける彼らだが、新曲はTHE ALFEEの真骨頂であるハード・フォークロックな楽曲だ。テックインサイトではTHE ALFEEの3人を直撃、たっぷりと話を聞いた。彼らにとっての今年の重大ニュースも聞いてみた。

■新曲のメインヴォーカルは「オーディション」で決定
―THE ALFEEは3人ともメインで歌えることも魅力のひとつですが、新曲はシングルとしては坂崎さんが16年ぶりにメインヴォーカルを務めることも話題ですね。誰にするかオーディション(3人が一人ずつ実際に歌ってみて決める)をなさったとか。
坂崎:(坂崎が前回メインヴォーカルだったシングル)『Juliet』から16年経っちゃった。それがまずびっくりですよね。今回はタイトルとフォークロック調ということで「(メインヴォーカルは)坂崎さんですね」という声が多かったんですよ。嫌な予感がしたんですけど(笑)。
高見沢:今だから言いますけど、「自分は違うな」と思っていたんですが、3人とも歌えるキーだったので、久しぶりにオーディションをやってみました。僕らはあまり(メインで)歌いたがらないグループなので、オーディションをやらないとリードヴォーカルが決まらない。現に桜井にオーディションを打診したら、お前が歌えばいいじゃんとか言って自分で放棄してましたからね(笑)。
桜井:いや、僕はもう歌いたくて歌いたくて。僕も一生懸命やりましたけど、エントリーナンバー3番の坂崎さんに負けました。
坂崎:嘘つけー。
高見沢:どの口が言ってんだか。
(一同爆笑)
坂崎:でも桜井の歌も良かったですよ。スマートになりますよね。ちょっと洋風というか。
高見沢:確かに。でも今回のシングルは坂崎が一番合いますよ。歌詞の内容もサウンド的にも声の質も含めてね。正直、坂崎の歌入れから「やっぱり思った通りだな」という感じだったけど、まぁでも来年は結成45周年なので3人で(オーディションを)やってみたって感じですね。坂崎もこの曲は入り込みやすいのではないかな。
坂崎:そうだね。「人間」とか「悲しい」というのは僕が大好きだった方々のタイトルや歌詞によく出てきた言葉ですよね。その辺からもやっぱり自分が通ってきたフォークロック系の歌なんだなと感じましたね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >