2018/01/22 17:28

【エンタがビタミン♪】嵐 “天才ソプラノ歌手”田中彩子が『Still...』を選んだ理由にドキドキ

日本テレビ系のバラエティ番組『嵐にしやがれ』に1月20日の放送でソプラノ歌手・田中彩子が出演した。彼女は2017年12月2日放送の同番組で二宮和也がマスターを務めた“隠れ家ARASHI”に登場して大きな反響があり、今回は嵐メンバー5人と共演することになった。

田中彩子は主にオペラにおける女性の高い音域ソプラノのなかで、さらに最高音の発声技術「ハイコロラトゥーラ」を持つ世界でも希少な歌手なのだ。その才能を認められ18歳でウイーンに渡って海外暮らしを続けていることから、日本語がちょっと苦手である。

この日も「あけましておめでとうございます。お初めまして」という風で時々おかしな日本語が飛び出す。共演経験のある二宮は「しゃべっていると時々クイズみたいになるから、頑張って」と嵐メンバーに説明した。

彼女がまずはピアニスト・山中惇史の伴奏で『美しく青きドナウ』(作曲:ヨハン・シュトラウス2世)を披露すると、嵐も聴き入って「すげー」と感嘆。櫻井翔が「ちょっと驚きを隠せないな~」と唸れば、大野智は「歌う前のちょっと喉を鳴らす感じで驚いた」という。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >