2018/03/03 16:15

【エンタがビタミン♪】高見沢俊彦、初の長編小説『音叉』完成 「かなり刺激的な時間だった」

THE ALFEE・高見沢俊彦の初の長編小説『音叉』(おんさ)がこのたび完成した。昨年8月に小説誌『オール讀物』9月号(文藝春秋)で『音叉』第1話を発表して小説家デビューを果たし、その後不定期連載を続けてきたが、最終話となる第4話が3月22日発売の同誌4月号に掲載される。執筆を終えた高見沢は「かなり刺激的な時間を過ごすことが出来ました」とコメントし、早くも次回作への意欲も見せている。

高見沢俊彦が初めて執筆した小説『音叉』は、プロデビューをめざす若者の恋と葛藤をえがいた青春小説。自身も影響を受けた、学生運動、フォーク、ロック喫茶など、若者文化が花開いた70年代が舞台となっている。

昨年8月に実施したインタビューで、高見沢は「『音叉』をまず完成させたい」と語っていたが、このたびそれが実現したことが分かった。その際には「主人公が独り歩きしていくので、そこをセーブしながら書いていますが、なかなか面白いです」「楽しいですよ、新しい扉を開くのは」と元々読書家である彼だが、書き手として楽しみながら執筆している様子も話していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >