2018/03/03 18:35

【エンタがビタミン♪】カンニング竹山 “被災地 福島”の現状に「真実を伝える事をメディアはクドイほどやるべき」

カンニング竹山はお笑い芸人の他にワイドショーや情報番組でコメンテーターを務めており、歯に衣着せぬコメントが持ち味だ。その彼が3月3日、『カンニング竹山(takeyama0330)ツイッター』にて福島第一原子力発電所事故による風評被害について言及している。

2011年3月11日に東日本大震災が起きてまもなく7年となる。3日に放送されたNHK総合『週刊ニュース深読み』では「7年たってどうなった? 福島第一原発“廃炉”のいま」をテーマに取り上げた。

国と東電は最長40年で廃炉を完了させることを目指しているが、溶け落ちた核燃料が構造物と混ざった“燃料デブリ”、大量の汚染水の取り扱いなど本格的な廃炉作業を始める以前の課題に次々と直面して、先行きを見通せていない状況だ。それを踏まえながら 「事故の記憶が薄れる中、いま私たちは廃炉の何を知るべきか?」という趣旨で進められた。

番組HPに掲載されたグラフィックレコーダー・山田夏子さんの記録によると「汚染水や土、誰もが納得する処分方法はあるのか?」「廃炉で出てきたゴミはどうなるの?」「もし原発が東京にあったら廃炉作業はもっとはやく進んでいるのでは?」「原発から離れているから実感がわかない」「費用は誰がどうやって払っているのか? 教えてほしい」など様々な声が出ている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >