2018/03/04 13:02

【エンタがビタミン♪】『アンナチュラル』松重豊演じる神倉所長 「3.11」の体験から願い続けること

大杉漣さんとの共演作『バイプレイヤーズ』や映画『アウトレイジ 最終章』(2017年10月)、主演ドラマ『孤独のグルメ』シリーズなどで知られる松重豊。TBS系金曜ドラマ『アンナチュラル』でも彼ならではの演技を見せてくれる。

3月2日放送の『アンナチュラル』第8話「遥かなる我が家」では、雑居ビルで発生した火災による10体もの焼死体をUDIラボが受け入れる。

UDIラボの法医解剖医・三澄ミコト(石原さとみ)や法医解剖医・中堂系(井浦新)、新人記録員・久部六郎(窪田正孝)、臨床検査技師・東海林夕子(市川実日子)に助っ人の元中堂班臨床検査技師・坂本誠(飯尾和樹)らが黒く焼け焦げた遺体を解剖、調査して身元を判明させていく。

そんななか遺体の歯形から身元を特定する際に、UDIラボの神倉保夫所長(松重豊)が歯形をデータ化して全国規模で調べられるシステムを構想していたことを明かす。

現在はDNA鑑定が増えているものの、DNAのデータに比べて歯形の記録は膨大なものだ。神倉所長は東日本大震災の時に被災地で多くの遺体を見てきた。身元不明者も多く「歯形のデータ化が出来ていたら」との思いを強くしたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >