2018/03/22 13:51

【エンタがビタミン♪】さくらジャパン主将・内藤夏紀「目標はサッカー長谷部誠選手」 2020年東京五輪で“金メダル”誓う

3月16日~18日に駒沢オリンピック公園総合運動場・第一球技場にて開催された「女子ホッケーチャレンジカップ東京2018(呼称:SOMPO チャレンジカップ Supported by 損保ジャパン日本興亜)」。女子実業団Top4が熱いプレーで魅了したが、「ソニーHC BRAVIA Ladies」が3戦全勝して優勝に輝いた。その「ソニーHC BRAVIA Ladies」に所属し、「さくらジャパン」こと女子ホッケー日本代表の主将でもある内藤夏紀選手の独占インタビューが届いた。一般社団法人ホッケージャパンリーグが実施したインタビューで内藤選手は、ホッケーの楽しさや魅力、そして2020年に向けた想いを語っている。

「姉の高校時代の担任の先生がホッケー部の顧問だったので、ホッケーの体験に誘ってもらって行ったこと」がきっかけでホッケーを始めたという内藤選手。ホッケーの魅力は「他の競技と比べても、ボールスピードが速く試合展開がスピーディーなところ」だという。その速さゆえ「ホッケーのボールは硬いので、当たる場所によっては骨折をしたり、歯が折れたりすることもあります」と危険なことも。しかし「実際にコートに立っている選手は、試合を見ている人が思っているほど恐怖心はありません」と明かし、「私はDFをしているので、1対1になったときに相手が何をしようとしているのかを読んで、駆け引きに勝てたときが面白いと感じます」とプレー中の醍醐味を語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >