2018/04/21 16:29

【エンタがビタミン♪】<三浦翔平インタビュー>20代は「ジェットコースターのようだった」

俳優・三浦翔平が、「AbemaTV」開局2周年記念オリジナル連続ドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ』(4月21日22時スタート・全8回)にて主演を務める。数々の作品にコンスタントに出演し続ける三浦だが、同作の熱すぎる主人公をどのように見ているのか。またテックインサイトでは今年6月に30歳を迎える三浦に、20代の10年間を振り返ってもらった。

原案・藤田晋氏、脚本・鈴木おさむ氏の同ドラマは、「21世紀を代表する会社をつくる」という熱い思いを胸にベンチャー起業を志す藤村鉄平を中心に、「夢・恋愛・金・友情」を描くリベンジサクセスストーリー。信頼している人から裏切られ、理不尽な仕打ちを受けながらも、「会社は学校じゃねぇんだよ!」のセリフを吐きながら圧倒的な熱量で前へ前へと進んでいく鉄平を三浦翔平が演じる。

■今回の熱い役は楽しかった
―最近は落ち着いた役が多いようですが、今回の鉄平は演じてみていかがでしたか?
三浦翔平(以下、三浦):4話までがすごく若々しくて荒々しくてエネルギーの消費がすごかったので大変でしたけど、熱いところが楽しかったですね。普段とは違うような役だったので、重い腰をあげるというか、「よし、頑張るか」という感じでしたけど。(劇中では)叫んでいるし、怒鳴っているし、必然的に周りの受ける方も熱くなってくるので、そうなってもらえればこちらも熱くぶつかれるので、自然とできました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >