2018/04/18 12:00

【エンタがビタミン♪】松田翔太“徳川将軍”役再び 『西郷どん』で慶喜を熱演「俺が将軍になろう」

NHK大河ドラマ『西郷どん』の第14回「慶喜の本気」が4月15日に放送された。松田翔太演じる一橋慶喜は品川宿磯田屋で遊び、女たちから「ヒー様」と呼ばれて人気がある。のんきそうに見えて有能な彼は次期将軍になることがどれほど大変か誰よりも分かっているのだろう、西郷吉之助(鈴木亮平)や福井藩医・橋本左内(風間俊介)がいくら説得しても「将軍になどならん」の一点張りだった。

今回は、その一橋慶喜が磯田屋で夜中に寝ているところを刺客に襲われ、駆け付けた西郷に助けられる。西郷は慶喜を守らねばとの一心で刺客の命を奪ってしまう。彼にとって人を斬るのは初めてだ。

『鈴木亮平オフィシャルブログ「Neutral」』では「命の重み」と題して、「このシーンは台本を初めて読んだ時にも衝撃を受けました」「泣き虫で激情家であったという若き西郷どんが、実際に初めて人を殺めてしまったら、どうなってしまうんだろう」「薩摩武士の教育、当時の時代背景、命の重み、いろいろ考え直すきっかけにもなりました」と振り返っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >