2018/05/05 12:00

【エンタがビタミン♪】菅田将暉“最後は感覚”×土屋太鳳“考えて考えぬく” 『とな怪』月川翔監督が分析

映画『となりの怪物くん』(4月27日公開)でメガホンを取った月川翔監督が、5月2日に『月川翔(sho_tsukikawa)ツイッター』でダブル主演の菅田将暉と土屋太鳳の性格についてつぶやいた。監督独断による分析で「感覚派」「思考派」に見えるという。

劇中ではガリ勉で「友だちより勉強が大事」と割り切る冷血女子高生・水谷雫(みずたに しずく)役を演じる土屋太鳳。一方、菅田将暉は雫のとなりの席に座るイケメンで天才、そしてケンカが強いにもかかわらず非常識で人間関係が極度に苦手な超問題児の“怪物くん”吉田春(よしだ はる)役を務める。

2人と撮影期間を過ごした月川監督は、菅田将暉について「考えて考えて、最後は感覚で跳躍する人」、土屋太鳳は「感覚で掴んだものを、考えて考えて考えぬく人」と分析して「結果的に菅田くんは感覚派、太鳳ちゃんは思考派、というふうに見えるんですが。何しろお二人とも素晴らしかった」とまとめた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >