2018/06/07 17:51

清水国明と王貞治の結婚にみるシニア恋愛へのやさしい偏見

やさしい偏見とは、「高齢者は性愛とは無縁である」「高齢者とは穏やかに生きることが幸せである」という思い込みです。たしかに年を取れば人間から性欲は削ぎ落とされ、体力も落ちていき、穏やかでつましい生活になっていくかもしれません。それは大方間違っていないのですが、一方で高齢者の定義が時代に追いついていないようにも思います。

たとえば高齢者の定義は国連で60歳以上、WHOで65歳以上と定義されています。一般社会的でも年金受給がスタートする65歳を想像している人も多いです。しかし日本人の平均寿命は女性が87.14歳、男性が80.89歳の時代です。そう考えると、高齢者の定義は65歳でいいのか曖昧です。65歳でリタイアしたとして、そこから約20年の人生というのは幸福度に大きく関係する長さです。

ただ穏やかに余生を過ごすだけでは長すぎる。そこで独身男女はもう一度結婚をと考えるものの、世間一般的には“リタイアした高齢者”のイメージが。そのため、恋愛に対して良くも悪くも偏見や抵抗感が生まれてくるのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >