2018/06/22 12:00

桜沢エリカが漫画化を熱望した「日本バレエ界の伝説」

「今回の作品は、実在の人物の生涯を丹念に描いたという意味では初めての挑戦。困難も多かった作業ですが、描き終わった今、私の代表作になったと感じています」

そう語るのは、漫画家・桜沢エリカさん。7月2日に発売となる最新刊『バレエで世界に挑んだ男[スタアの時代 外伝]』(光文社)は、“知る人ぞ知るバレエ界の偉人”故・佐々木忠次さんを描いた物語となる。

佐々木忠次さんは、ミラノ・スカラ座など世界の超一流を日本に招く一方、世界の名門オペラハウスに自らのバレエ団「東京バレエ団」を率いて乗り込むなど、日本バレエ界に多大なる功績を残した伝説のインプレサリオ(興行師)。

桜沢さんが本作を描くきっかけとなったのは、’16年4月に亡くなった佐々木さんの評伝『孤独な祝祭 佐々木忠次~バレエとオペラで世界と闘った日本人』(文藝春秋)を読んだことだそうだ。

「佐々木さんの評伝が出版されたのを知り、すぐに手に取ったのですが、1,2ページ読んだだけで『私、描きたい!』と感じました。この本で、芸術や美しいものに対する佐々木さんの思いの強さを知り、『日本人みんなに知ってほしい』と強く感じたんです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >