2019/06/20 16:00

倉科カナ 破局1年の傷心を癒した“午前2時のカラオケ熱唱”

「倉科さんは1次会からワイングラスを傾け、ひとり静かに飲んでいました。どこか話しかけにくいオーラが漂っていて、『やっぱり彼のことを引きずっているのかな……』と心配の声も上がっていました」(番組スタッフ)

6月12日、都内の飲食店でドラマ『ミラー・ツインズ』(フジテレビ系)の打ち上げが行われていた。21時半からという遅めの開始だったが、主演の藤ヶ谷太輔(31)など出演者が続々と集結。そんななか、倉科カナ(31)の表情はどこか浮かないようにも見えた――。

昨年11月、本誌は倉科と竹野内豊(48)の破局をスクープした。14年に交際が報じられて以降、何度も“結婚秒読み”といわれてきた2人。だが将来について話し合った末、昨年夏に別れを決意したという。双方の所属事務所も取材に対し、破局の事実を認めていた。

そのショックがまだ癒えていないのだろうか。彼女は打ち上げ直前の5月21日、自身のブログにこんな“意味深な言葉”をつづっていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >