2017/06/10 06:00

元宝塚男役トップ朝海ひかる、『ローマの休日』王女演じる

 
「初演時、東京公演の千秋楽でのこと。小倉さんが役の上で煙草を吸ったんです。その火だねが小倉さんのズボンの裾の折り返しに落ちてしまって、あわやボヤ騒ぎに。前列のお客様に教えていただいて、助かったんですよ」
 
そう語るのは、女優の朝海ひかる。無垢で愛くるしいヨーロッパ某国のアン王女と特ダネを狙うアメリカ人新聞記者ジョー・ブラッドリーの、身分違いの淡い恋がせつない名作映画『ローマの休日』。その舞台版が7年ぶりに朝海、吉田栄作、小倉久寛のオリジナルキャストで開幕。舞台では、映画ではあまり描かれなかった彼らの人物像を掘り下げる。
 
「王女様が育った環境やふだんの生活を思い浮かべてみると、私自身は王女よりもいろんな雑学や雑念を持ってると思うんです。ですから、まず王女っぽさを出すためにそういうものを排除して、シンプルに王女をイメージします」(朝海・以下同)
 
ジョーとアーヴィングを「赤狩り」で追放されたジャーナリストに設定し、原作にはないテーマ「籠の鳥と自由」を強調。単なるラブロマンスではなく、ハリウッドの暗黒時代の空気も。また、ローマ市内の観光名所の映像を背景に、ステージ上でスクーターを乗り回したり、人形とダンスをして群衆を表現したり、工夫が楽しい。半面、映画よりも深く各役柄の人生を描き込み、人生の岐路で将来を自分の意志で決める姿に、観客は自分を投影できるだろう。では、朝海自身の転機や決断は?
 
「宝塚音楽学校に受かったこと、そして入学を決めたのは人生の大きな転機でした。なにしろ宝塚の舞台を一度も観ずに入ってしまったので(笑)」
 
本作は'10年度に演出・脚本で菊田一夫演劇賞を受賞。年齢を問わず誰からも愛され再演を繰り返すのも頷ける。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >