2017/06/13 00:00

南部虎弾 8時間心臓手術を病床告白「三途の川で目が覚めた」

『所属事務所提供』
 
 
「家で倒れたのが幸いでしたね。少し遅かったら、いまここにいなかったかもしれません」
 
入院中の病室で、こう口にするのは、過激パフォーマンス集団・電撃ネットワークのリーダー、南部虎弾(65)。南部は3月29日、持病の糖尿病が悪化し緊急入院。入院から2カ月半がたった6月上旬、異例の 病床インタビュー に応じてくれた。病室で対面した南部はかなり痩せた様子だったが、顔色もよく表情も明るかった。
 
「あの日は飲み会を終えて深夜に帰宅したら、呼吸が苦しくなって。カミさんは『救急車を呼ぼうか?』と言いましたが、私は翌朝に点滴を受ければ治ると思い、『大丈夫だから』と言ったんです。そこから記憶がありません。気付いたら病院の集中治療室にいました。手足を縛られ、酸素マスクと尿の管をつけられているという状況。何が何だかわかりませんでしたね」
 
10年以上前から糖尿病を患っていた南部だが、このところ合併症を起こしていたという。腎臓、心臓、脳梗塞  次々と襲い来る合併症に苦しむなか、ついに倒れてしまったのだ。意識不明のまま病院に搬送された南部は、生死の境をさまよった――。
 
「集中治療室で『こちらですよ』と あちらの世界 から私を呼ぶ声が聞こえたんです。 三途の川 というのでしょうか。生きるかどうかの選択を迫られました。私は 生きたい と思ったんです。その瞬間、周りから医師の方々の声が聞こえて目が覚めました」
 
なんとか三途の川で踏みとどまった南部だが、意識が戻った後にも、 人生の選択 を迫られることに――。
 
「糖尿病で血管が細くなり、心臓が悪くなっていると言われたんです。心臓手術をするか、人工透析に頼って暮らしていくか、どちらを選ぶか聞かれました。透析だとなかなかお仕事も受けられない。それで心臓のバイパス手術を選びました。8時間に及ぶ、大変な手術を受けたんです」
 
手術後は、幸い順調に回復してきているという。
 
「初めての心臓手術でしたが、上手にしていただいて、よくなっているのがわかります。 術後10日くらいで『成功ですよ』と言われ、ホッとしましたね」
 
じつは、密かに病院を抜け出して、もう 仕事復帰 もしたというから驚きだ。
 
「このあいだ、(ボクシングバンタム級世界王者の)山中慎介くんのV12祝賀会があったんです。病院のほうには、『鏡割りするだけです』と伝えて病院を抜け出し、こっそりお祝いのショーをやってきましたよ(笑)」
 
このインタビューの後、6月10日に晴れて退院となった南部。 完全復帰 が待ち遠しい!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >