2017/07/07 11:00

長瀬智也が語る変化した恋愛観「癒しを求めるように」

 
「愛を一番に考える作品を、今まで自分のなかで避けていたような気もします。そうしてたら、アホみたいな役とか、男くさいものばかり演っていました(笑)。今回は大人の愛が見られる作品です」
 
こう語るのは、主演ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系・7月9日21時スタート)で20年ぶりのラブストーリーに挑む長瀬智也(38)。幼いころ母親に捨てられ、不運な事故によって余命を告げられながらも運命の人への愛に生きる男・岡崎律を演じる。
 
20年ぶりに本格的に挑む 愛 について聞いてみると  。
 
「昔は、周りなんて関係なく、相手を連れ去るくらいの強引さがかっこいいと思っていましたが、今は、覚悟もないのに愛を語るのはかっこ悪いと思うし、愛の表現やひとつひとつの言葉にも重みを感じます」
 
この20年間で恋愛観の変化もあるのだろうか?
 
「よく言う刺激的な恋より、癒しを求めるようになる、という気持ちもわかります。傷ついてへこんだりしてもがくことは人生不可欠。20代30代でつらい思いをすれば、考えも変わってくると思うし。僕のなかで恋愛の比重はそこまで大きくはないけれど、それでも変わった気がしますね」
 
律は残された時間も運命の人・凜華(吉岡里帆)を追いかけるが、自身の運命の人は?
 
「ゆくゆくは家族が欲しい、って気持ちになるとは思いますけど、今は、趣味や友達との時間が多いのでまだまだかな。独り身だからこそ、ほかのカップルのことがよく見えたりします。そこに憧れたり羨むことはないんですが、そんな愛の形を見てお芝居や音楽などで表現するほうが好きですね」
 
若手ホープ吉岡里帆(24)、坂口健太郎(25)との初共演も話題に。
 
「里帆ちゃんは、肝が据わってて根性がある。若いのに偉いな、って思います。坂口くんには、『彼女いるの?』って聞いちゃおうかな(笑)。お互い音楽好きだから、撮影の合間にいろいろ話したいな。このドラマは、愛する人がそばにいてくれるだけで幸せ、というメッセージもこめられています。ぜひ夫婦関係がうまくいってない人とかに見ていただいて、奥さんや旦那さんへの思いを考え直してほしいですね(笑)」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >