2017/08/01 00:00

松田聖子 医師夫への献身5年で見えた「念願の教授夫人」の道

 
12年6月に慶應義塾大学医学部准教授のK氏(54)と結婚した松田聖子(55)。そんな夫のK氏が今、世界的に注目を集めているという。京都大学の山中伸弥教授(54)が作成したiPS細胞の提供を受け、下歯槽神経再生の研究に取り組んでいるのだ。
 
それは聖子にとっても5年越しの悲願だった。結婚当初、日本を代表するアイドル歌手である聖子に対して夫は50歳をすぎても大学の准教授のままだった。それでも聖子は多忙なかたわら、夫のための献身的なサポートを決して怠らなかった。
 
「聖子さんお母さんは元看護師で伯母さんは院長夫人。そのため、医療の世界の厳しさをよく知っていました。だからこそ彼女は、研究で忙しい夫のため一肌脱ぐことを決断しました。毎日の通勤のため、夫に運転手付きの高級乗用車を用意。これによりK先生は通勤中に車内でゆっくりと専門書などを読むことができるようになったのです」(音楽関係者)
 
結婚後、彼女はインタビューやコンサートで一度もK氏について触れることはなかった。それが聖子の 妻としてのポリシー だったのだろう。
 
「聖子さんと結婚してから、K先生は変わりました。それまではスーツがヨレヨレでも、靴に泥がついても平気なタイプでした。でも最近ではしわのないスーツをびしっと着こなし、ブランド物も身に着けるように変身したのです。これももちろん、聖子さんのサポートのおかげです。夫が出世できるよう、イメージアップを図ったそうです」(病院関係者)
 
さらに夫の食事についても、聖子は地道な努力を続けていたようだ。
 
「聖子さんは毎朝6時に起きて、Kさんのために栄養バランスのいいお弁当を作っていると聞きました。また帰宅後も深夜まで机に向かうKさんのために、聖子さんが夜食を作ってあげていると聞きました」(前出・病院関係者)
 
そんな聖子の 内助の功 が力となったのか、K氏の研究努力は少しずつ実を結び始めている。そして、こんな嬉しい声も聞こえてきているという。
 
「医学部歯科・口腔外科の教授は基本的に1名で、現在の教授は15年間もつとめています。K氏は東北大学出身で、慶応大学の 生え抜き ではありません。しかし彼の研究は脊髄損傷患者やアルツハイマー症の治療にも貢献が期待できると言われている。そのため『来年3月時点の成果次第では次期教授昇進も夢じゃない!』と囁かれています」(医学部関係者)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >