2017/09/03 06:00

話題漫画『しっぽの声』に協力 杉本彩が語る“動物愛護”

 
杉本彩(女優・49 以下、杉本)「お久しぶりです! 夏先生とは、頻繁にメールでやり取りをしていますけれど、実際にお会いするのは、連載が決まったとき以来ですね」
 
夏緑(漫画原作者 以下、夏)「そうですね。『しっぽの声』の反響も大きいそうで、少しほっとしています」
 
ネコノミクスなど、いまもペットブームのさめやらぬ日本。特にペットショップで販売されている子猫の価格は高騰しており、希少種になると100万円以上の値がつくという。だがその陰で、売り物にならなかったり、売れ残ったりした犬や猫たちは人知れず処分されている。
 
そうした愛玩動物たちの現実を生々しく描いて話題を呼んでいるのが漫画『しっぽの声』(小学館『ビッグコミックオリジナル』連載中)だ。原作担当は夏緑、作画担当は、ちくやまきよし。小栗旬主演でドラマ化された漫画『獣医ドリトル』も手がけたコンビだが、今回はさらに動物愛護活動に長年尽くしてきた杉本彩も協力している。
 
夏「杉本さんは小さいころから、動物といっしょに生活していたんですよね?」
 
杉本「そうですね。捨てられた猫を引き取って飼い育てることを続けていました。だから、本当に家族同然だと思っています。大人になってからも、猫の保護活動を続けていたのですが、あるいたましい事件が起こって  」
 
夏「『ひろしまドッグぱーく』('05年に経営破綻で閉園した犬のテーマパーク)ですね」
 
杉本「たくさんの犬たちが衰弱した状態で発見され、また敷地には40匹以上の死骸が埋められていたんです。報道にショックを受け、すぐに広島に飛びました」
 
動物たちを襲っているさまざまな問題を知った杉本は、活動を広げていき、'14年2月には公益財団法人動物環境・福祉協会Evaを設立した。'15年には、協会の代表として、動物愛護の啓発イベントで講演したが、その姿を見ていたのが現・ビッグコミックオリジナル編集長の中熊一郎氏だったのだ。
 
夏「中熊編集長もかなりの愛犬家なんです」
 
杉本「中熊編集長には、『動物たちの現状を改善するために何か新しい企画をやりたいと考えているので、そのときは協力してほしい』と、おっしゃっていただきました。そして昨年、新しくスタートする漫画のなかで殺処分問題なども取り上げたいので、原作に協力してほしいというお話があったんです」
 
夏「ちょうど13年間続いた『獣医ドリトル』の連載が終わっていたこともあり、私たちが『しっぽの声』を担当することになりました」
 
本誌記者「杉本さんは具体的にはどのように漫画制作に携わっているのですか?」
 
杉本「私たちが持っている資料写真を提供したり、現場で見聞きした情報や、受けた相談例などを夏先生にお話ししたりしています」
 
夏「そのお話をもとに、私が原作を書いています。テレビドラマでいえば、脚本のようなものですね。特に、実際に動物保護に携わっている方たちのエピソードを伺っていると、どんどんストーリーが広がっていきます。杉本さんのおかげで、かなり早い段階でキャラクターも固まりました。実は杉本さんご本人をモデルにしたキャラもいるんですよ(笑)」
 
杉本「え! 誰ですか?」
 
夏「主人公の1人の天原士狼(※動物保護シェルターを運営している男性)です」
 
杉本「うれしいです! いつも士狼に共感しながら読んでいるんです。すごく芯の強い男性ですよね」
 
夏「初めて杉本さんにお会いしたとき、あまりにおきれいなので驚きました。でもそのいっぽうで、動物のことを話しているときは、笑顔なのにそれがとても怖いのが印象的で  。『そうか。この人は、動物たちを取り巻いている環境をすごく怒っているんだな』って感じたんです。そういった 怒り を漫画でも表現していきたいです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >