2017/11/05 12:00

松本人志“めちゃイケ”終了に懸念「作り手にもテレビ離れ」

 
ダウンタウンの松本人志(54)が11月5日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。来春での終了を発表した同局のバラエティ番組「めちゃ 2イケてるッ!」について言及した。
 
1996年の放送開始以来、20年以上続いている「めちゃイケ」。司会の東野幸治(50)から「長寿番組が終わるのをどう思う?」と聞かれた松本は、「最近は テレビ離れ が(進んでいる)。逆に言うと、作り手側にも テレビ離れ の意識が少し目覚め出すよね。本当に大変やわ。テレビで今、バラエティをやるのは」と明かした。
 
松本はバラエティ番組の制作事情に言及。「いわゆる ちょっと攻めた企画 は、ほぼできない。お金もかかるし、時間もかかるし、体力も要る。コアなファンは『面白かった!』と言ってくれるけど、たいていそういうときって視聴率も悪いんですよ。コアすぎて。クレームのリスクも高いでしょ。これだけの条件がありながら、とがったものを作り上げていくって、ほぼ不可能に近いよ」と語った。
 
いっぽう、コメンテーターのモーリー・ロバートソン(54)は、Twitterの人気上昇ワードとして並んでいる言葉の多くは、テレビ番組関連であることを指摘。これに松本は「そうなんです」と同意しつつも、「人気急上昇ワードの中にわーっと上がる。『めちゃくちゃ上がっているなー』と思って視聴率を見たら、めちゃくちゃ悪かった」と話し、必ずしも視聴率には反映されていないことを示唆した。
 
さらに松本は、「今、テレビで主婦層にハマらなかったら、絶対もう視聴率が取れないもんね」と分析。「俺が面白いと思うことは、主婦層の人は全然面白いと思わないみたいなのね。びっくりするくらいかみ合わないのよね」と、自身の主婦層への不人気さを話題にしていた。
 
松本といえば、自身の冠番組が終了となった経験も。「(めちゃイケ終了で)みんな『悲しい』とか言うじゃないですか。(18年続いた)『HEY!HEY!HEY!』が終わるとき、誰もそんなこと言ってくれなかったよね。悲しかったわぁ。めちゃめちゃ頑張ったのに。質素な打ち上げやったね」と漏らしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >