2017/11/28 00:00

寺尾聰 リアル『陸王』…妻と乗り越えた“借金2億円”危機

 
暗がりに不審な男たちを発見し、表情をこわばらせる 飯山晴之 。逃走しようとするものの、囲まれて  。11月19日放映の『陸王』第5話ではこんな緊迫シーンも注目を集めた。特殊素材を開発したものの、会社が倒産してしまい、債権者たちに追われる身になった男・飯山晴之を演じているのが寺尾聰(70)だ。寺尾を知る映画関係者が言う。
 
「近年では、物腰のやわらかい、ジェントルな役柄も多い寺尾さんですが、『陸王』では金や酒に意地汚い 落ちぶれた元社長 になりきっていて、とても印象的でした。寺尾さんもかつては 借金地獄 に苦しんだのですが、もしかしたら実体験を役作りに生かしているのかも  」
 
寺尾が巨額の借金を抱えていると報じられたのは、'03年3月のことだった。
 
「最初は都市銀行に借りていたのですが、支払いが滞りがちだったためか、債権が外資系ファンドに売られてしまったそうです。連帯保証人の夫人の銀行口座も仮差押え処分になってしまい、世間を驚かせました。総額は2億円と報じられていますが、借金の理由について寺尾も語ろうとはしませんでした。発覚したときには父・宇野重吉から受け継いだ生家も自宅も売却しており、寺尾一家は賃貸物件で生活していました」(芸能関係者)
 
ドラマでは借金地獄に苦しむ夫を支える妻をキムラ緑子(56)が演じているが、寺尾が'81年に結婚したまゆみ夫人も同じく56歳だという。前出の映画関係者が続ける。
 
「寺尾さんの奥さんは星野真弓として、女優活動をしていました。2人はドラマ『西部警察』で共演したことで仲を深めたのです。結婚・出産を機に引退し、現在は寺尾さんの所属事務所の社長を務めています」
 
夫妻が2億円借金を完済するまでには8年あまりかかったという。'12年には夫人名義で横浜市内に7千万円ほどのマンションを購入できるまでに経済状況は好転した。
 
「寺尾さんは高級車好きで知られています。また自宅でホームパーティなどもよく開いていますし、後輩たちには頻繁におごっていますから交際費もばかにならないでしょう。仕事もギャラより役柄にこだわるほうですから、奥さんもやりくりが大変だったはずです」(前出・映画関係者)
 
ドラマ『陸王』では、飯山夫妻はいまだ苦境を脱しきれていない。結婚から36年間苦労を共にしている、まゆみ夫人はどんな思いで夫の演技を見ているのだろうか――。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >