2017/12/05 17:00

開運レシピを伝授!(辻仁成「ムスコ飯」エッセイ)

 
人間は目に見えない何かに支配され動かされています。自然現象に左右される人間の運勢を運気といいますが、我々はいつも目に見えないものに振り回されていますね。とはいえ、人間は自分の運勢を大なり小なりコントロールしています。これが「運気を上げる」とか「運気を下げる」という言葉につながるのでしょう。
 
では、運気を上げるためには何をすればいいのか、ということですが、祈るとか、走るとか、片づけをするとかそういう具体的なことではなく、実はとっても簡単なことで実行できるのです。ずばり、どのような時にもポジティブに物事を考えればいいだけ!
 
人の悪口を言ったり批判ばかりしている人を見てください。彼らの周囲にはネガティブな人しか集まってきません。これで運気が上がらないのは一目瞭然。運気を上げるには、ポジティブな言葉を使うことをおすすめします。言霊の入った善良な言葉を使えばいいのです。見回してみてください。人に優しく愛にあふれた人や、つねに前向きに行動している人は幸せそうですよね。ポジティブな人というのは、ふいに訪れる不運や最悪な出来事でさえも前向きにとらえることができます。すべてをポジティブに変える力を持っているわけですから運気は上がるしかありません。うまくいかないことを周りのせいにしている人は結局、運気も上がりません。運気は自分で上げるものだからです。
 
私の友人に運気アップの天才がいます。この人はつねに前に向かうことしか見ていません。事業で1千万円ほどを失う大きな失敗をしたので、大丈夫か、と尋ねると、即座に、何が? と返ってきました。しかも笑顔で。「だって、ものすごく勉強になったじゃない。この失敗のおかげでぼくはもう上がるしかないんだよ。それに二度と同じ失敗はしないだろうね」。どうです? なかなかこのようなポジティブな発想の転換はできません。けれども、彼はその失敗を糧に次にはそれを成功へと導いてみせました。もしも彼がネガティブな人間だったら、その失敗が彼の気を塞ぎ、もっと大きな災難を招いていたかもしれませんね。心の持ちようひとつで人間は運気を上げることができる。それは結局、自分次第ということです。
 
運気を上げるためにやらなければならないことはただひとつ、ポジティブになること。ポジティブになるということはネガティブにならないということです。ポジティブかネガティブか!運気を上げるためには、つねにポジティブに思考することが大事です。レッツ・ポジティブ!
 
さて、今日は運気の上がる料理をご紹介しましょう。辻家特製あんずジャムのスペアリブです。
 
材料:スペアリブ用の豚肉1kg、塩・こしょう適量、サラダ油大さじ1、にんにく3~4片、玉ねぎ2個、しょうが1片、ビネガー大さじ1、白ワイン2分の1カップ、水1カップ、固形ブイヨン1個、醤油大さじ1、あんずジャム大さじ4~5。
 
まず、豚肉の骨側にフォークで穴を開け、切り分けたらしっかり塩・こしょうをします。大きめのココット、または深めのフライパンに油をひき、潰したにんにくを加えて中火でじっくり香りを移します。一旦にんにくを取り出して強火にし、豚肉にこんがりと焼き目をつけます。焼き目がしっかりついたらにんにくを戻し、くし切りにした玉ねぎと薄切りにしたしょうがを加えさっと炒め合わせ、ビネガー、白ワイン、水、ブイヨン、醤油、あんずジャムを加えます。蓋をして中火で50分ほど煮込み、ソースがトロッとなるまで煮詰めたら、塩・こしょうで味を調えて出来上がり。
 
ご家族皆さんでかぶりついて、骨までしゃぶってください。運気が上がりますよ!
 
ボナペティ!
 
 
本誌連載の料理をえりすぐったレシピ本『パリのムスコめし 世界一小さな家族のための』も絶賛発売中です!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >