2017/12/14 21:00

元SMAP映画に山内ケンジ監督起用で静岡県民が熱狂する理由

 
12月14日、元SMAPの稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)が立ち上げた共同サイト『新しい地図』で、映画『クソ野郎と美しき世界』のメガホンを取る4人の監督が発表された。
 
映画監督の園子温(55)と山内ケンジ(59)、爆笑問題の太田光(52)、映像ディレクターの児玉裕一(42)の4人が、1作ずつ短編オムニバス作品の監督・脚本を担当するという。なかでも山内氏の起用に、Twitter上では《静岡県民ならワクワクするの間違いない!》と熱狂の声が上がっている。その理由とは――。
 
山内氏は電通映画社出身で、CMを中心にテレビドラマ、ショートフィルム、WEBドラマなどを手がけてきた。'04年には演劇プロデュース・ユニット「城山羊の会」を結成し、'15年には 演劇界の芥川賞 とも呼ばれる岸田國士戯曲賞を受賞。ジャンルを超えた活躍を続けている。
 
そんな山内氏が長年手がけているのが、静岡県に本社を置くパチンコチェーン「コンコルド」のCM。
 
俳優の古舘寛治(49)らが「コンコルド人間♪ 略してコンコルゲン(パヤパヤ♪)」とひたすら歌うだけの作品や、人間とは少し違う存在 コンコルゲン や悪を食う動物 パヤ をめぐるストーリーなど、パチンコとは全く関係のないシュールなCMが静岡県民を虜にしてきたのだ。
 
山内氏の起用を知った静岡県民からはTwitter上で《不思議で謎なやみつきな作品になりそうで楽しみ》《めちゃめちゃテンション上がってます!》と歓喜のツイートが続々と投稿されている。
 
4作のうち、香取の主演作でメガホンを取る山内氏。香取は「山内ケンジ監督の描く、香取慎吾を楽しみにしていて下さい。監督が作る、僕の新しい世界に僕もワクワクしています!」とコメント。
 
果たして山内氏の起用は、果たしてコンコルドのシュールな世界観を期待したものだったのか――。来年4月6日の公開が楽しみだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >