2017/12/29 16:00

新CMキング候補・高橋一生と竹内涼真を猛追する意外な芸人

 
CM出演料の高さこそが芸能人の 格 。しかし、高すぎればオファーは減り、 格安 芸能人にCMが集中することも--。
 
「伊勢谷友介(41)や浅野忠信(44)、役所広司(61)など、映画俳優がここにきて次々とテレビドラマに主演している背景には、映画ではなくテレビに出て好感度を上げることがCM出演のオファーを得る 近道 だという、昨今の CM出演事情 があるんですよ。CMの仕事はギャラがよく、ひと昔前は高倉健さんのように、気に入った映画だけ出て、あとはCMで稼ぐというやり方が通用しました。でも、いまは大物映画俳優でも、CMに出るためにはテレビに出て好感度を上げることが必須。彼らにとっても、CM出演料はそれだけ芸能生活の 生命線 になっているんです」(広告代理店関係者)
 
 17年のCM起用社数ランキングが12月6日にニホンモニターから発表された。それによると、 17年の男性部門1位は遠藤憲一(56)の12社。2位が相葉雅紀(35)と錦織圭(27)の11社、3位が二宮和也(34)と松本潤(34)の10社と続く。
 
「1位が遠藤憲一と聞いて意外と思われる人もいるでしょうが、これは知名度の割にCM出演料が安いため」(前出・広告代理店関係者)
 
その「安い」という額は実際いくらなのか。今回、本誌では広告業界関係者の協力を得て、人気男性タレントたちの CM出演料 を徹底調査した。その結果をまとめたのが、次の一覧表だ。
 
【明石家さんま】年間契約:1億8,000円/1クール:1億円
【タモリ】年間契約:1億8,000円/1クール:1億円
【イチロー】年間契約:1億8,000円/1クール:8,000万円
【浜田雅功か松本人志】年間契約:1億5,000円/1クール:8,000万円
【中居正広】年間契約:1億2,000円/1クール:7,000万円
【錦織圭】年間契約:1億2,000円/1クール:6,000万円
【羽生結弦】年間契約:1億円/1クール:6,500万円
【内村光良】年間契約:9,000万円/1クール:4,000万円
【櫻井翔】年間契約:9,000万円/1クール:3,500万円
【菅田将暉】年間契約:9,000万円/1クール:3,000万円
【阿部寛】年間契約:8,000万円/1クール:3,500万円
【松田翔太】年間契約:5,000万円/1クール:2,500万円
【西島秀俊】年間契約:5,000万円/1クール:2,500万円
【遠藤憲一】年間契約:4,500万円/1クール:1,500万円
【DAIGO】年間契約:4,000万円/1クール:1,800万円
【竹内涼真】年間契約:4,000万円/1クール:1,500万円
【山崎賢人】年間契約:4,000万円/1クール:1,200万円
【斎藤工】年間契約:3,500万円/1クール:1,200万円
【マツコ・デラックス】年間契約:3,500万円/1クール:1,500万円
【松坂桃李】年間契約:3,000万円/1クール:1,000万円
 
年間契約の場合、遠藤が4,500万円で上位陣と比べるとたしかに リーズナブル なお値段。出演オファーが殺到するのもうなずける。では、いよいよ'18年も目前となってきたが、来年、CM出演で躍進が期待される有名人は誰なのか? 前出の広告代理店関係者に聞いた。
 
「いまをときめく高橋一生さん(37)は、'16年は1社だけでしたが、'17年は7社のCMに出演しました。'18年、さらに伸ばしてくるでしょう。当然、出演料もうなぎ上りだと思いますが、あまり高額になるとオファーが減るので、悩ましいところかもしれません(笑)。'17年、もっともブレークした竹内涼真さん(24)も、'17年すでに4社のCMに出ていますが、出演料はすでに年間契約で4,000万円となかなかのレベル。それでも、ドラマ『陸王』(TBS系)もヒットしましたし、'18年も勢いは衰えそうにないですね」
 
CM業界関係者が口をそろえて「'18年は注目」というのが、芸人の「ANZEN漫才」みやぞん(32)だ。
 
「ぶっ飛んだ発言にやさしい人柄で、愛されキャラクターとして好感度が高いですね。とんねるずの石橋貴明さんに引き上げてもらってから、みやぞんさんを中心とした企画が多くなったことでブレーク。 17年、一気に5社のCMに出演しましたが、まだ年間契約で1,000万円台とかなりお得です。現在はピンでのCM出演は控えているようですが、'18年は ピンCM も解禁になるかもしれません。そうなれば話題になることは確実です」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >